研究をはじめるときに、(あとから)研究を楽にする5つのコツ

研究のコツ
カピバラ<br>(見習)
カピバラ
(見習)

これから研究をはじめるのに気をつけるといいことはありますか?

やぎ
やぎ

色々ありますが、最初に準備しておいたほうが良いことを説明しましょう!

生命科学や医学の研究を行う上で、一番時間を使うべきなのは「実験」です。
(当たり前ですが。。。)

ものやデータを探したり、整理をしたりという時間を最小限にすることが重要です。

当たり前のようにやっている、という方が多いかと思いますが、
これから研究をはじめる人向けにコツをまとめてみたいと思います。

#1 すべての記録・データを年・月・日の順で保存する

まずは超基本になりますが、必ずノート、実験データ、スライドなどはすべて、

年・月・日(例えば200421など)

で記録・保存してください。

時折、月・日のみの記録をする方がいらっしゃますが、1年間しか同じラボにいないということは無いと思うので、「年」の記録は必須です。

やぎ
やぎ

ファイル名の先頭についても「200421_progress_XX.pptx」などとすると、あまり考えなくても日付順に並ぶので整理が楽です!

#2 繰り返し行う実験プロトコルはテンプレートを作る

「その日の実験はその日にノートに記載」するのは当たり前ですよね。ただ、実験が遅くなったりして疲れているときには、実験ノート記載を翌日に回したくなります。「実験ノート記載」が研究の目的ではないので、なるべく楽をしましょう。

実験ノート記載を簡単にするコツは、Wordで実験のテンプレートを作成しておくことです。

例えば、私の場合にはトランスフェクションやウエスタンブロットなどについては、Wordでテンプレートを作成しています。そのうえで、プラスミドの種類・量、もしくは抗体やタンパク量などその都度変わる項目については、毎回追記してノートに貼っています。

やぎ
やぎ

ノート記載を翌日に回して詳細を忘れ、
後悔したことが結構あり、この方法編み出しました

#3 プラスミドなどは通し番号をふり、エクセルに記録

実験を行う際に、必要なものを探している時間は無駄になってしまいます。
(その分、早く家に帰りたい)

プラスミド、プライマー、抗体など、はじめは数個なので管理が簡単ですが、
何年かラボにいると数百個単位で管理しなくてはいけなくなります。

これらを管理する際には、通し番号をふって、エクセルで管理するのが楽ちんです。

例えばプラスミドであれば、

番号名前由来バックボーン
1pET-GFPXさんからpET
2pCMVY社から購入pCMV
3pCMV-GFP自作pCMV

こんなことしなくても最初は大丈夫ですが、1年後くらいには有り難みが出てきます。

やぎ
やぎ

人にプラスミドを渡したり、論文を書くときなど、
このような表は必須です!

そして、保管するボックスも用途ではなく、通し番号1〜100はBOX1、101〜200はBOX2などと保管すると、表をみながら目的のプラスミドなどをすぐに探すことができます。

また#2と関連しますが、ノートを記載するときにもプラスミドを通し番号で管理することが可能になりますので、メリットは大きいです!

#4 -80度のボックスについては、中身もエクセルに記録

分野によっては使わないかもしれないですし、#3と似ていますが、特に-80度に保管しているものは、室温にだしてのんびり探していると失活するものが多いです。

なので、今度は箱の中身についても記録を取ることをおすすめします。

#1 Hela (WT)
200421 凍結
#2 Hela (GFP+)・・・・・・・・・・・・・・
#n E coli (Plasmid 1+)

このような形で簡単な9×9か10×10のマスを作り、エクセルで保存しておきます。

細胞を解凍してそのチューブがなくなったときにはマスの中身をけして、また使うときにその場所を埋めるという具合です。

#5 データのバックアップを確実に取る

データは研究を行う上で極めて大事なものです。いくら頑張って実験を行っても、データを提示できなければ、ただの妄想になってしまいます。

また、パソコンは予想もしないタイミングで壊れてしまうので、必ずバックアップを定期的に取る習慣をつけてください。

ハードディスクを使ってバックアップを取る

はじめのうちは、私は元の機械(顕微鏡付きPCなど)、ハードディスクx2の3箇所に保存していました。アイ・オー・データ機器、バファローなどがおすすめです!

Dropboxなどのクラウドサービスを利用する

GoogleクラウドやDropboxといったサービスも便利です。

特に、Dropboxの有料版であれば、2TBまで保存でき、クラウド上でデータが確保されているのでバックアップの必要もありません。

オンラインで契約することも可能ですが、
以下のリンクからであれば、3年分を2年分の料金(¥28,800)で使うことができます!

やぎ
やぎ

私もソースネクスト経由で、Dropbox plusを購入しました!

まとめ

#1 データ、ノートの記載は、年月日で
#2 繰り返し使うプロトコルはWordで作成
#3 重要なプラスミドなどはエクセルで管理
#4 -80度サンプルについては更に詳しめに
#5 データの保管は、HDDかクラウドでしっかりと 

以上です、快適なラボ生活にお役に立てると幸いです!

やぎ
やぎ

他になにかコツなどあれば、私にも教えて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました