【解説】Q: 新型コロナウイルスはどこからやってきたのか?

医学関連

答えから先に記載しますが、

A: コウモリから「マレーセンザンコウ(鱗を持つアリクイの一種)」 を経て、人間にたどり着いた可能性が高い

ということが2020年3月末に示されました。

新型コロナウイルス(原因)ー新型肺炎(病気)の関係

世界中で問題となっている新型肺炎ですが、肺炎という病気の正式名称は、COVID-19とWHOによって名付けられました。また、その原因となるウイルスについては、以前のSARS(サーズ)の原因ウイルス似ていることから、SARS-CoV-2と名付けられました。

つまり

病気: COVID-19

原因: SARS-CoV-2ウイルス

ということになります。

では、このSARS-CoV-2ウイルスが、どのようにして生まれてしまったのでしょうか?

Naming the coronavirus disease (COVID-19) and the virus that causes it
An explanation of the official names for the corona virus disease (COVID-2019) and the virus that causes it.

最初はコウモリから

研究者たちは、まず今回の肺炎が以前のザーズに似ていることから、サーズの原因ウイルスとの関係を調べました。

すると、ウイルスの設計図に当たる配列が、

The sequences are almost identical and share 79.6% sequence identity to SARS-CoV. 

サーズの原因のコロナウイルスと79.6%も同じ配列がであり、ほぼ同一のウイルスである

https://www.nature.com/articles/s41586-020-2012-7

と判明しました。

更に、研究者たちは

Furthermore, we show that 2019-nCoV is 96% identical at the whole-genome level to a bat coronavirus.

コウモリのコロナウイルスの一つと2019-nCov(今回の新型肺炎の原因のウイルスを指します)の設計図が、96%一致している。

https://www.nature.com/articles/s41586-020-2012-7

ということを突き止めました。96%というとほぼ同じと考えて差支えないレベルになります。そのため、コウモリのコロナウイルスが、今回のSARS-CoV-2ウイルスに関係することは明らかです

ただし、この4%というわずかな差がどのように生じたのかをさらに、研究者たちは追求しました。

マレーセンザンコウ (「うろこ」を持ったアリクイ)が中間に

コウモリには似ているウイルスが見つかりましたが、他の「一般的な」動物には見つかりませんでした。

そこで、中国で珍重され、違法に取引されることの多いPangolins (鱗甲目)に着目ました。鱗甲目とは、鱗を持ったアリクイのことを指し、中国では鱗が伝統的な漢方薬の材料として珍重されています。この種は絶滅危機種にも指定されており、研究材料を入れることが困難です。では、どのように手に入れたかというと、

We received frozen tissue (略). These pangolins were obtained during anti-smuggling operations performed by Guangxi Customs.

密輸を摘発する目的で押収された鱗甲目の冷凍サンプルを手に入れた

https://www.nature.com/articles/s41586-020-2169-0

なんと密輸現場から押収されたマレーセンザンコウの冷凍されたサンプルを使って調査を行ったようです!

(研究を行う上でこのような倫理観は極めて重要であり、研究を行うのに何をやっても良いということには当然なりません。倫理的に研究を進めていることをアピールするために、このような記述を本文にすることが一般的になりつつあります。)

解析の結果、SARS-CoV-2ウイルスに非常に似た部分をもつコロナウイルスが、この動物に存在していることがわかりました。

In particular, SARS-CoV-2 exhibits very high sequence similarity to the Guangdong pangolin coronaviruses in the receptor-binding domain, even though it is most closely related to bat coronavirus RaTG13 in the remainder of the viral genome. (一部改変)

特に、SARS-CoV-2は、全体を通してみるとコウモリのコロナウイルスに最もにているが、受容体結合ドメインに限定すると、マレーセンザンコウのコロナウイルスに極めてよく似ている。

https://www.nature.com/articles/s41586-020-2169-0

「受容体結合ドメイン」という点については、また後ほど詳しく説明しますが、ともかく今回のSARS-CoV-2がこれほど蔓延した鍵となる部分になります。

つまりSARS-CoV-2ウイルスの重要な部分が、マレーセンゼンコウのコロナウイルスがに極めて似ているということがわかりました。

ここから、研究者たちは、

コウモリ → マレーセンゼンコウ → ヒト 

とウイルスが進化していったと推定しています。

the data presented here strongly suggests that handling these animals requires considerable caution, and that their sale in wet markets should be strictly prohibited

今回の結果は、これらの動物を扱うには細心の注意が必要であり、また「生鮮食品」市場においてこれらの動物を扱うことは固く禁止すべきであることを示唆している。

https://www.nature.com/articles/s41586-020-2169-0

なので、中国の研究機関から漏れた、アメリカの陰謀という噂が流されましたが、可能性が低いと言えます。(この点については、また別の角度から検証した論文があるので、後ほど紹介したいと思います。)

参考資料

上では論文中のエッセンスのみしか解説できていませんので、ご興味があればぜひ原著論文を御覧ください。

前半のコウモリのコロナウイルスとSARS-CoV-2との関連についての論文

後半のマレーセンザンコウのコロナウイルスとSARS-CoV-2との関連についての論文

コメント

タイトルとURLをコピーしました